5,000円以上のお買い上げで送料無料

ISUKA 3D構造のダウンシュラフ

イスカ ISUKA シュラフ エア 450X ロイヤルブルー 148812

在庫あり・翌日配達可(営業日と地域をご確認ください)

¥39,960

イスカ エア 450X ロイヤルブルー 148812

画像をダブルクリックして大きな画像を表示

ズームアウト
ズームイン
  • イスカ エア 450X ロイヤルブルー 148812

商品情報

ブランド ISUKA イスカ
製品コード 148812
JAN 4988998148811
SKU 148812isuka
イスカの寝袋、エア450X

「3D」構造を採用。夏山から冬の低山まで幅広く対応できるモデルです。春秋の3000mクラスには特におすすめします。軽量化を優先する冬期のエキスパ-トにも愛用者が多いようです。

■参考使用温度:-6℃ ■生地:表/ナイロン100%・裏/ナイロン100% ■平均重量840g ■羽毛量:450g(90/10 800フィルパワ-) ■最大長:78(肩幅)×208(全長)cm ■収納サイズ:φ16×35cm

詳細

イスカのシュラフ、Airシリーズは軽量でコンパクト、優れた保湿性能を保つために、超軽量ナイロンと最高品質のハンドピック(手摘み)のホワイトグースダウンを使用しています。またエアモデルには身長に応じたショートサイズをご用意していますので、小柄な方にも最適の保湿性能モデルをお選びいただけます。

夏山から冬の低山まで幅広く対応できるモデル「イスカ エア 450X」です。春秋の3000mクラスには特におすすめします。軽量化を優先する冬期のエキスパ-トにも愛用者が多いようです。「エアX」モデルに採用した新しいシルエットは、ちょうどカマボコの断面のように上部にゆとりを持たせた「3D」構造です。寝袋の内側と外側の生地を異なったサイズで裁断・縫製を行うディファレンシャルカットを採用、更に中に入れるダウンの量をエリアごとで最適化することによって、軽量性と保温効率を高めています。身体の形に沿ったシルエットは保温性能低下の原因となる無駄なスペースを抑えつつ、内部の適度な余裕は睡眠中の動きをさまたげません。

ボックス構造:ダウンの性能を引き出すために最適の構造です。ボックスの隔壁は軽量で通気性に優れたメッシュ素材です。

ドラフトチューブ:冷気の侵入を防ぐために、中わたの詰まったドラフトチューブをジッパー内側に配置しています。

ショルダーウォーマー:寝袋の肩の部分に中わたの入ったチュ-ブをセットし、寝袋内部で暖められた空気の流出を防ぎます。マフラーのような働きをします。寒冷期用の寝袋には効果的です。

ゆったりした足元:特に寒さに弱い足元部分はゆったり設計が基本です。また、足元部分には他より多めの保温材を封入し、快適睡眠のために配慮しています。

コ-デュラは優れた引き裂き強度や耐摩耗性を持ち、耐久性の求められるアウトドアギアにとって非常に頼りになる素材です。イスカでは、極薄の30デニ-ル素材にシリコン加工を施した、超軽量の「シリコナイズド・コ-デュラ」を使用し、非常に軽量でコンパクトな収納を実現しています。独特の滑りやすさは取り出しや収納にもスム-スで、シリコン加工の特性により糸自体が切断しないような穴ならば、容易に修復が可能といった特長があります。

ダウンの採取方法には、機械によるマシンピックと熟練工による手摘みのハンドピックとがあり、ハンドピックの方がマシンピックに比べてダウンの損傷が少なく、ダウンボ-ルの良好な状態での採取が可能です。Airシリーズは最高品質のハンドピック(手摘み)のホワイトグースダウンを使用しています。

ダウンの性能を評価する基準の一つが、その復元力を数値で表した「フィルパワ-(FP)」です。フィルパワ-とは、1オンス(約28.4g)のダウンをシリンダ-内で圧縮し、一定の温度、湿度の条件下で、それが何立方インチに復元するかを測定したものです。フィルパワ-の数値が高いほどダウンの空気含有量が多く、その大量に含まれる空気の断熱効果によって保温性に優れるため、数値の高いものほど良質なダウンと言うことになります。
一般的に550フィルパワ-以上で高品質とされ、700~800フィルパワ-のものが最も良質とされています。FPの高いダウンを使用することで、同じ保温性を確保するために必要なダウン量が少なくなり、装備の軽量化やコンパクト化にも役立つことになります。「イスカ エア 450X」は800フィルパワーのダウンを使用しています。

「イスカ エア 450X」はクイックチョイス3です。

中部山岳を基準に、ご使用される時期からの簡単選択。1000~2000m程度でのテント泊が基準です。

イスカのこだわり

開発されたスリ-ピングバッグが実際にアウトドアで使用された場合に、設計通りの性能を発揮するかということは非常に重要なポイントです。『東レ人工気象室・テクノラマ』での研究室テストにおいては、テスタ-に取り付けられた温度センサ-で測定される数値的デ-タの収集、またサ-マルイメ-ジャ-による放熱状況などの客観的測定と、テスタ-への問診による体感的な情報のチェックを2日間にわたって行います。 雪上での幕営を想定し、室温は-20℃に設定され、さらに25cmの積雪をつくりだした状況でテストが進められます。

タグ

タグを付けてマイアカウントにお気に入り商品のリストを作ることができます。複数のタグを付ける場合は半角スペースで区切ります。
タグがスペースを含む場合は 'シングルクォート' で囲って下さい。 例:「テント 'ファミリー キャンプ'」